スワップポイント

【要注意‼】『トルコリラ/円』地獄のスワップポイント生活とは?!暴落したらどれくらいの損失が出るのかをシミュレーションしてみた

皆さん、こんにちは(^^)

スワップポイント運用で効率よくスワップポイントを稼ぐことのできる高金利通貨

「トルコリラ」

ですが、「トルコリラ」のキーワードでウェブ検索した際、「地獄」の文字が予測変換されるのをご存知でしょうか?

確かにトルコリラの金利は他の高金利通貨の中でも抜群に高いですし、僕自身も【トルコリラ/円】を運用していますが、トルコリラは

非常に不安定な通貨

であることも事実なので、一歩間違えば一瞬にしてスワップポイント数年分の資産を失い

地獄のスワップポイント生活

になってしまうことも珍しくないのです。

この記事では、【トルコリラ/円】でスワップ運用をする際の

注意点や暴落した際の損失(含み損)

をシミュレーションをしながら

【トルコリラ/円】の地獄のスワップポイント運用生活

について考えていこうと思います。

スワップポイント運用は賢く運用すれば初心者でも勝てる投資法ですが、多くの危険が潜んでいることも事実です。

トルコリラのスワップポイント運用に興味がある方は”運用前に”ぜひ一度確認していただければと思います。

この記事を読んでくれている方は既にご存じだと思いますが、FXには通貨ペア間の金利差によって発生するスワップポイントと呼ばれるポイントがあり、

通貨ペアを持っているだけで

毎日このポイント(お金)がもらえます。

もらえるスワップポイントは取引業者によって違いますが、例えばGMOクリック証券さん

【ドル/円】の買いポジションを1万通貨

保有していた場合…

何もしなくても1日約60円(2019年12月現在)くらいのスワップポイントがもらえます。

※ただし、逆に【ドル/円】の売りポジションを持っていると、”何もせず”スワップポイントが減額されていきます!!

ちなみに、僕は裁量トレードに併せて

200万円くらいの資金

で【ドル/円】【トルコリラ/円】【メキシコペソ円】のスワップポイント運用をしており、

完全放置状態で、毎日

1,500円前後

のスワップポイントをGETしているのですが、裁量トレードと違ってスワップポイント運用では

売買の判断をすることがない

ので、非常に少ないストレスで運用することができています。

このように、スワップポイント運用は売買の判断をすることがないという点で、

初心者でも勝てる可能性を秘めたローリスクな投資手法

だと思うのですが、当然、

ロスカットや元本割れ

というリスクもあり、何も知識を持たず運用していれば大きな損失が出る可能性が大いにあります。

スワップポイント運用の危険性などについては別に紹介しておりますので参考にしてください。

参考⇒スワップポイント運用の危険性まとめ

トルコリラという通貨

どうして金利が高いの?

ご存じのとおり、(2019年12月現在)日本の金利は0.01%とぼぼゼロに近く、銀行にお金を預金してもほとんど利子はつきません。

これに対し、トルコリラの金利は約14%と段違いに高く、金利だけでもかなりの利益を出すことができます。(これでもトルコの金利は下がったほうですが…)

このように一見すれば魅力的な通貨に見えるトルコリラですが、そもそもなぜこんなに高い金利が実現できているのでしょうか?

国が金利を上げるには「インフレを抑止するため」など、様々な理由がありますが、トルコなどの新興国が金利を上げるのは主に

「外貨を獲得したい」

という思惑があるからです。

例えば、あなたは経済が不安定で資源にも乏しい国の通貨など誰も欲しがりませんよね…

そこで・・・何とかして外貨を獲得するために金利を高くしているのです。

つまり・・・

高い金利の新興国通貨は

・金利を上げなければ誰も買ってくれない通貨

・経済が不安定で金利だけ高い国の通貨

ともいえるのです。

【トルコリラ/円】はどれくらいお得?

【アフリカランド/円】【メキシコペソ/円】などの金利差が大きい通貨ペアの中でも抜群に金利差が大きい通貨ペアが【トルコリラ/円】ですが、同じ資金で運用した場合は実際にどれくらいの違いが出るのでしょうか?

それでは

・資金100万円
・レバレッジ約3倍程度*

でスワップポイント運用した場合の収益率を順に見ていきましょう。

*各数値は2019年12月現在のものです。

【ドル円】

必用証拠金⇒44,000円/1万通貨
取得可能数=3万通貨

レバレッジ=3.3倍
スワップポイント=60円/日

1日利益=180円
1年利益=65,700円
年利=6.6%

【トルコリラ円】

必用証拠金⇒7400円/1万通貨
取得可能数=18万通貨

レバレッジ=3.3倍
スワップポイント=60円/日

1日利益=1800円
1年利益=394,200円
年利=39.4%

【アフリカランド円】

必用証拠金⇒3,000円/1万通貨
取得可能数=4万通貨

レバレッジ=3.1倍
スワップポイント=150円/日

1日利益=600円
1年利益=220,000円
年利=22.0%

【メキシコペソ円】

必用証拠金⇒2,300円/1万通貨
取得可能数=6万通貨

レバレッジ=3.5倍
スワップポイント=110円/日

1日利益=660円
1年利益=241,000円
年利=24.1%

アフリカランドやメキシコペソの通貨ペアについても年利が20%を超えており、かなり資金効率がいいことが分かりますが、トルコリラについては40%近い年利でダントツトップになっていることが分かります。

当然、運用する通貨ペアごとに伴うリスクが違いますので、一律のレバレッジで運用することはありませんが、上の比較で【トルコリラ/円】の収益性がいかに高いか、ということが分かります。

トルコリラ暴落シミュレーション

元本割れというリスク

スワップポイント運用の大きなリスクの一つが「元本割れ」です。

スワップポイント運用はポジションを持ち続けながらスワップポイントをコツコツ稼ぐ長期トレードの一種ですが、ポジションを持ち続けるということは、相場が下がれば含み損を抱えることになります。

例えば、1年間ポジションを持ち続けたとして…

相場があまり動かなかったり、一度下がったけど元の水準まで戻って来た場合

であれば、1年分のスワップポイントが利益として残りますが、

相場が暴落して戻ってこなかった場合

であれば1年のスワップポイントなどとは比にならない程の大きな含み損を抱えてしまう可能性があるのです。

多くの初心者トレーダーはこの辺りのリスクをあまり理解しないまま

「暴落してもある程度までは戻ってくるだろう」

という軽い気持ちでスワップポイント運用を始めてしまいがちですが、特に高金利通貨での元本割れは大変危険ですので、きちんとした知識を持っておく必要があります。

暴落したらどれくらいの損益が出る?!

通貨の暴落リスクについてはこれまで説明した通りですが、ここからは【トルコリラ/円】暴落した際に

どれくらいの損益(含み損)が出るのか

を実際にシミュレーションしてみようと思います。

ちなみに損益計算やロスカット計算などは簡単な計算式で求めることができますが、

今回は誰でも簡単にロスカット値やレバレッジ数などを調べることができるGMOクリック証券さん

”FXネオロスカットシミュレーション”

を利用してみようと思います!

本当に簡単なツールですので、後でご自分の資金に合った数字で試してみて下さい。

※こちらのリンクは携帯表示では飛べませんので、PC表示で見て下さい!

損益の計算方法

それでは実際に暴落時の損益を確認していこうと思いますが、今回は

運用通貨【トルコリラ/円】
運用資金100万円
運用数量20万通貨
(レバレッジ3.7倍)

で運用した場合を想定してシミュレーションをしていこうと思います。

※ここでは危機感を持ってもらうために少しレバレッジを高めにしています。

ステップ1

”FXネオロスカットシミュレーション”を立ち上げて、各項目に数値を入力していきます。

口座区分=個人口座
入金額=1,000,000
通貨ペア =トルコリラ/円
取引数量=20万通貨
売買選択=買い
売買レート=現在レート(18.334)

ステップ2

次に、決済レート(シミュレーションしたい暴落後のレート)を入力していきますが、ここでは直近(2019年8月)の最安値

15.5円

を入力してみます。

現在レートから比較すれば、

マイナス2.8円の暴落

ということになりますね…

これくらいの下落は今後十分にあり得ると思います。

https://www.gaitame.com/

ステップ3

これですべての数値の入力が完了しましたので、後はシミュレーション結果を表示』ボタンをポチっと押します。

はい、結果が表示されました。

上の画面の右下に表示されているのが、2.8円の暴落がもたらす損失となりますが、たった2.8円の暴落で

約56万円の含み損

が発生することが分かります。

ちなみにこの損益(含み損)をスワップポイントで取り返そうと思えば、

スワップポイント=1日60円
運用数量=20万通貨

で計算すると

466日

かかることになります(;’∀’)

この説明を聞いてもまだ

「最安値の抵抗線で跳ね返ってくるんじゃない?」

「466日までには今の水準に戻ってくるでしょ?」

と楽観的に考えている人もいるかもしれませんが、通貨の暴落はさらなる暴落を呼ぶ傾向があるので、抵抗線を抜ければさらに一気に下落する可能性も十分にあります。

それでは、次の項目では本当のトルコリラ地獄を見ていきましょう。

⇩高額キャッシュバックあり⇩

【トルコリラ/円】地獄のスワップポイント運用生活とは?

https://www.gaitame.com/

これは【トルコリラ/円】の月足チャートですが、このチャートだけを見て何を感じますか?

大きな暴落の後、横ばい状態が続いており、何となく現在のチャートとも似ていると思いませんか?

数年前、トルコリラには

1リラ=40円

くらいの底値で推移していた時期があり、ネット上などでは

トルコリラは底値の今が買い!!

今がスワップポイント運用のチャンス!!

みたいな広告がよく出回っておりました。

僕はこの時期、システムトレードにハマっていて、トルコリラのスワップポイント運用には全く興味が無かったのですが、この時期にトルコリラをたくさん買った人も少なくなかったと思います。

では、この後、トルコリラはどうなったでしょうか?

https://www.gaitame.com/

こちらのチャートは同じく【トルコリラ/円】月足チャートですが、現在までのチャートが表示されております。

このチャートのうちオレンジ色で囲っている部分が初めにお見せした月足チャートですが、40円の底値を突き抜けて以降は右肩下がりに暴落していることが分かります。

なお、これまでの最安値は

1リラ=15.504円

ですので、1リラ=40円時代からすると

24.5円

下落していることになり、先ほどの”FXネオロスカットシミュレーション”で計算しますと…

当時20万通貨で運用していた人であれば、

430万円

の損失を被ったことになります…( ;∀;)

ほとんどのトレーダーは現在のレートになる前に多額の資産を失ってリタイヤしたと思いますし、

実際に僕の友人も300万円の損失を抱えてFXからリタイヤしていきましたが、資金に余裕のある人は現在も

地獄のトルコリラのスワップポイント生活

を続けているかもしれませんね…(;´・ω・)

ちなみに、現在のスワップポイント(60円/日)で計算すると、20万通貨で430万円を取り返すまでに

3583日

かかります(;´・ω・)

いかがですか?

現在、【トルコリラ/円】は歴史的にも最安値で推移しており、トルコ大統領の選挙や他国の金利低下などの理由から

「これ以上下がらないのでは?」

という楽観的意見も多く出ておりますが、ハッキリ言って通貨の先行きなど誰にも分かりません。

つまり、トルコリラを運用する上では現在の底値15.5円を大きく底抜けて暴落するリスクも受け入れた上で運用する必要があるということです。

トルコリラ運用はギャンブルに近い?!

僕は別に

ギャンブル依存症を脱却するためにはスワップポイント運用がおススメ

という内容の記事も書いておりますが、本来スワップポイント運用はFX投資の中でも

比較的リスクが少なく、ギャンブル性も低い投資手法

です。

ではなぜトルコリラのスワップポイント運用はギャンブル性が高いのでしょうか?

その理由は、

ダントツに高い金利と証拠金の低さ

にあると思います。

いわゆるプロと呼ばれるトレーダーはできるだけリスクを避け、長く勝てる方法を選ぼうとします。

これに対し、ギャンブラーはリスクを二の次にして

勝てる快感

を追求するのです。

つまり、数ある通貨ペアの中からリスクと利益がダントツに高いトルコリラを選ぼうとする

選択自体がギャンブル的考え方

と言えるのですが、【トルコリラ/円】では証拠金も低く、

少ない資金で多くのポジションを取れてしまう

ので、ギャンブル的性格が強い人が【トルコリラ/円】を運用すれば、確実にハイレバレッジでのトレードになり、

ほぼギャンブルと変わらない

リスクを抱えることになってしまうと思います。

つまり、もしあなたが少しでも

「自分はギャンブル癖があるかも…」

と自覚のある人ならばトルコリラに手を出さない方が良いと思います。

参考⇒ギャンブル依存症(FX依存症)の特徴と付き合い方・克服方法紹介

スワップポイント運用で勝つにはどうすれば良い?

これまで【トルコリラ/円】のスワップポイント運用に潜む危険性などを散々ご紹介してきましたが、先ほども説明したとおり、スワップポイント運用は

本来ローリスク&ローリターンな投資手法

ですので、

正しい知識で正しい資金管理

をすれば初心者でも比較的簡単に勝つことができると思います。

参考⇒【保存版】スワップポイント運用とは?仕組みやメリット・デメリットを初心者にも分かりやすく解説

ではどうすれば、スワップポイント運用で勝っていけるのでしょうか?

スワップポイント運用の重要な点については、上のリンクでも説明していますが、まず初めに言えるのが、

多少リターンが少なくても安全な通貨ペアを選ぶ

ということです。

高金利通貨ペアの年利などについては上で紹介しましたが、通貨ペアごとのリスクは

年利のパーセントに比例して高くなる

と考えても間違いないので、大まかに考えると

【トルコリラ円】⇒【アフリカランド円】⇒【メキシコペソ円】⇒【ドル円】

の順にリスクが下がっていくという感じですね。

※ただ、各国の政治や治安情勢によってもリスクは変わってきますので一概に言うことはできません。

次に大切なのが、

資金に応じた無理のないポジションを持つ

ということです。

スワップポイント運用の最大のリスクは元本割とロスカットですが、安全なレバレッジでの取引を行えばロスカットのリスクは最大限抑えることができますし、

最悪の場合でも元本割れの損失で破産するといったことは防げると思います。

ちなみに、初心者であれば

レバレッジ1倍~3倍

を目途にすれば比較的安全にスワップポイント運用ができると思います。

 

ちなみに、僕はいま【ドル円】【トルコリラ円】【メキシコペソ円】でスワップ運用をしていて、【メキシコペソ円】では

究極のローリスク投資”サヤ取り”

も実践しておりますので、興味のある方、これから始めようと思っている人はぜひ見に来てください。

FXプライムbyGMO[ぱっと見テクニカル]