スワップポイント

円安相場のタイミングでも安全にスワップポイント運用を始める方法を徹底紹介

2020年1月現在の【ドル円】相場
https://www.gaitame.com/markets/chart/

みなさんこんにちは(^^)/

2020年1月現在、為替相場では全面的な円安が続いています…。

円建てのスワップポイント運用をしている僕にとって、円安相場含み益が増えるので一応ありがたいのですが、反面で

円安相場がずっと続けば新たにスワップポイント運用を始めづらい

という問題もあり、手放しでは喜べないのが本音でもあります・・・。

では、円安相場ではスワップポイント運用の参入を我慢して待つしかないのでしょうか!?

この記事では、

「スワップポイント運用始めたいけど円安相場で手が出せない!!」

「とりあえず円安でも安全に資金を動かしたい!!」

という方のために、

スワップポイントのサヤ取り

という手法を応用した、

円安相場でも安全にスワップポイント運用を始める方法

をご紹介していきます。

※この記事では円建てのスワップポイント運用を前提として説明していきます。

↓↓高額キャッシュバックあり↓↓

世界各国の通貨にはその国ごとの金利が課せられていますが、金利はそれぞれの国ごとに違うので、高金利の国と低金利の国が出てきます。

そして、その国の金利差によって発生するのがスワップポイント”です。

例えば、世界的にも金利が高い国として知られているトルコリラと日本円の通貨ペアで買いポジションを持った場合…

トルコの金利が”14.0%”で、日本の金利が”0.01%だとすれば、トルコの金利から日本の金利を差し引いた”13.99%”の金利がスワップポイントとして得られるわけです。

ん・・・どゆこと?

と思った人のために超簡単に言うと…

例えば【トルコリラ/円】の買いポジションを持っているだけで、

何もしなくても毎日スワップポイントというお金がもらえる!

ということです。

もらえるスワップポイントはFX業者によって違いますが、(2019年12月現在)1万通貨で1日に約50円~約60円くらいのスワップポイントがもらえます。

※ただし…逆に【トルコリラ/円】の売りポジションを持っていると、”何もせず”スワップポイントが減額されていきますので注意が必要です。

初心者でも勝てる理由

FXは参入者の9割以上が1年以内に敗退していく厳しい世界なのですが、普通の人がFXで勝てない理由の多くはメンタルにあると思います。

参考⇒FXのシステムトレードで勝てない理由は心理的(メンタル)要因にあり?

つまり、普通の人は

含み益は減らないうちに早く確定したいけど含み損はいつかプラスになるまで持っておきたい

という心理が働くので、確率で勝ててもトータル損益で負けるのです。

これに比べ、スワップポイント運用はというと・・・

売り買いの判断をすることなく、ポジションを保有しているだけで

スワップポイントが得られるので、初心者でも勝てる可能性が大いにあるのです。

ちまたでは「FX必勝法」みたいな広告をたくさん見かけますが、普通のFXで誰もが簡単に大きな利益を得る方法など

絶対にありません!!

このように、スワップポイント運用は、

初心者でも勝てるローリスクな投資手法

と言うこともできますが、当然リスクもありますので、正しい知識を持って慎重に運用する必要があります。

注意⇒スワップポイント運用の危険性まとめ

円安で運用しづらい理由

”元本割れ”という最大のリスク

初心者でも勝てる可能性を秘めたスワップポイント運用ですが、その最大のリスクに「元本割れ」があります。

スワップポイント運用は、買ったポジションを持ち続けながらスワップポイントをコツコツ稼ぐ長期トレードの一種ですが、買いポジションを持ち続けるということは、円相場が下がれば当然含み損を抱えることになります。

例えば、1年間買いポジションを持ち続けたとして…

・相場があまり動かなかった

・一度下がったけど元の水準まで戻って来た

という場合であれば、1年分のスワップポイントが利益として残りますが

円が暴落して戻ってこなかった場合

であれば1年で稼いだスワップポイントなどとは比にならない程の大きな含み損を抱えてしまう可能性があるのです

 

※このリスクは【トルコリラ円】などの高金利通過ペアのほうが断然高まりますので注意が必要です。

注意⇒【要注意!!】『トルコリラ/円』地獄のスワップポイント生活とは?!暴落したらどれくらいの損失が出るのかをシミュレーション!

円安相場は元本割れのリスク倍増?

スワップポイント運用の最大のリスクは”元本割れ”ですので、

いかに含み損を少なくして運用するか

が成功の鍵になってくるのですが、円安相場で運用を始めてしまえば、運営中に

相場が下落する

可能性が非常に高くなるので、元本割れのリスクは格段に高くなってしまいます。

いつ運用を始めればいい?

スワップポイント運用を始めるのは

円高であればあるほど良い

のですが、為替相場は各国の経済状況・戦争・災害などによって大きく左右されるので、どんな通貨ペアであっても、

ここなら安全」という相場はありません

例えば、高金利通貨ペアである【トルコリラ円】は下のチャートのとおり、現在がかなりの円高トルコリラ安ですので”今が買い”と思いがちですが、トルコリラという通貨はかなり不安定な通貨で

下落が止まらない通貨

とも言えるので、今後さらに下落する可能性も大いにあります。

https://www.gaitame.com/markets/chart/

⇩【ペソ/円】サヤ取りにオススメ⇩

FXプライムbyGMO[ぱっと見テクニカル]

円安で安全にスワップ運用を始める方法

現在の円相場でスワップポイント運用を始めれば、数ヶ月~数年以内には、

ほぼ確実に多額の含み損を抱える

ことになると思います。

ただ、いつ来るか分からない円高相場をただじっと待つのも投資効率が悪すぎです・・・。

では、どのように運用すれば円安相場でも安全にスワップポイント運用を始めることができるのでしょうか?

ここからは、

スワップポイントのサヤ取り

という手法を応用し、

円安相場でも安全にスワップポイント運用を始める方法

をご紹介していきます。

スワップポイントのサヤ取りとは?

スワップポイントのサヤどりとは、別名「アビートラージ」とも呼ばれる手法で、

スワップポイントの違う2業者間で同じ通貨ペアの売りポジションと買いポジションを同時に持ち、スワップポイントの差額を得る手法

になります。(少々ややこしいので後でじっくりと説明します)

このサヤ取りは、通常のスワップポイント運用と比べ、

得られるスワップポイント収益が激減してしまう

というデメリットはあるものの、

相場が上がっても下がっても損失がでない

という優れたメリットがあり、円安相場などでも安全にスワップポイントを稼ぐことができるのです。

これだけの説明では少し理解しづらいと思いますので、ここからは具体例を挙げて説明していこうと思います。

サヤ取りの仕組は?

円建て通貨ペアの買いポジションを持っているとスワップポイントがもらえますが、逆に売りポジションを持っているとスワップポイントが減額されます。

この、もらえる(減額される)スワップポイントというのは、取引業者によって違っており、

例えば、2020年1月現在、

GMOクリック証券

で【ドル円】買いポジションを1万通貨保有すると

1日65円

のスワップポイントが毎日もらえますが、

DMMFX

で【ドル円】売りポジションを1万通貨保有していると

1日55円

のスワップポイントが毎日減額されていきます。

それではここで問題ですが、

Q:GMOクリック証券の買いポジションとDMMFXの売りポジションを1万通貨ずつ同時に保有すれば、スワップポイントの損益はいくらになるでしょうか?

答えは簡単・・・

両方の業者で発生するスワップポイントのうち

A:65円ー55円=10円

のスワップポイントが1日の利益として残るのです。

それでは、2問目の質問です。

Q:GMOクリック証券とDMMFXで運用している場合、ドル円が1円暴落したらどれだけの損益が出るでしょうか?

答えは・・・

・GMOクリック証券の買いポジションは約1万円含み損を抱える

・DMMFXの売りポジションは約1万円の含み益を得る

ことになり、

A:トータルとしての損益はプラスマイナスゼロ

になります。

もうお分かりいただけたと思いますが、このようにサヤ取りでは

売り買いのポジションを同時に持つ

ことで、相場が暴落したの損益が相殺できるのです。

円安相場での”サヤ取り”活用事例

先ほど説明したように、サヤ取りは、

相場が下がっても損益を相殺できる

ため円安相場であっても相場の下落を気にせず運用をするのですが、収益が大幅に減少してしまうというデメリットもありますので、収益率を上げるためには、円高相場に向かうに連れて徐々に、

売りポジションと買いポジションのバランスを変えていく

必要があるのです。

それでは円安相場でのサヤ取りの活用方法を具体的に説明していきます。

円高トレンドに合わせた売りポジション決済

例えば下の図のように、円安相場で【ドル円】を

売り=10万通貨

買い=10万通貨

を保有したとします。

※この際の収益は650円ー550円=100円です。

このような条件でサヤ取りを運用していたところ、円高が進行し、元本割れのリスクが徐々に減ってきまいたので、下降トレンドに合わせて

1万通貨ずつ売りポジションを減らして

いきます。

こうすることによって、リスクの低下とともに得られるスワップポイントが徐々に増加していくというわけです。

サヤ取りの始め方

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

サヤ取りを活用することによって、円安相場でも資金を眠らせることなく安全にスワップポイント運用ができることがお分かりいただけたかと思います。

サヤ取りの始め方については、こちらでご紹介しておりますので、是非始めてみようという方がおりましたら参考にしてください。

参考⇒FXの”サヤ取り”(アビートラージ)を初心者にも分かりやすく解説!!

なお、現在、僕自身も【メキシコペソ円】のサヤ取りを運用しておりますので気になる方はこちらをご覧ください。

運用実績⇒FX高金利通貨ペア【メキシコペソ/円】のスワップポイント”サヤ取り”運用実績!

⇩【ペソ/円】買いに強いのは⇩

FXプライムbyGMO[ぱっと見テクニカル]

⇩【ペソ/円】売りに強いのは⇩

トレイダーズ証券[みんなのFX]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です